第9回日本でいちばん大切にしたい会社 大賞受賞式

3月は毎年恒例になっております。日本でいちばん大切にしたい会社大賞の授賞式に

スタッフと一緒に参加して参りました。今年は事務局としていろいろと運営に携わら

せていただきました。

法政大学のボアソナードタワー26Fスカイホールからの眺めです。

日本でいちばん大切にしたい会社大賞はその審査基準から日本で最も受賞が

難しい賞と言われています。

今年は20社・団体が受賞されました。

経済産業大臣賞 生活協同組合コープみやざき
厚生労働大臣賞 株式会社共同
中小企業庁長官賞 大和合金株式会社
中小企業基盤整備機構理事長賞 株式会社武蔵境自動車教習所
審査委員会特別賞 隂山建設株式会社

株式会社共立アイコム

株式会社クレコス

有限会社ココ・ファーム・ワイナリー/社会福祉法人こころみる会

佐藤薬品工業株式会社

株式会社スーパーホテル

株式会社八天堂

株式会社ビューティーサロンモリワキ

株式会社廣野鐵工所

株式会社ボーダレス・ジャパン

有限会社宮川洋蘭

実行委員会特別賞 社会福祉法人いぶき福祉会

社会福祉法人雲南ひまわり福祉会

一般社団法人AOH チョコレート工房ショコラボ

社会福祉法人スマイリング・パーク

社会福祉法人北海道光生舎

 

と全国の愚直に人を大切にする経営を実践する会社が受賞されました。今年はこれま

でで最高数の企業が受賞されました。年々応募企業のレベルも上がっている証拠です

栃木県からは審査員特別賞に 社会福祉法人こころみる会、有限会社ココ・ファーム

ワイナリーさんが受賞されました。おめでとうございます。栃木県からはこれで3社

めの受賞となりました。地域の誇りですね。

授賞式後の懇親会に我が社のスタッフとともに参加させていただき、ココ・ファーム

の取締役農場長の越知さん、事務局長の佐井さんと一緒に記念撮影をさせていただき

ました。洞爺湖サミットなどで来賓にふるまわれたワインは全国的な知名度になって

きています。

基調講演は会葬礼状シェア日本一のマコセエージェンシーの五十嵐社長です。

何度もお聞きしているお話ですが心に響きます。

誰のために何のために会社はあるのか。地域ではそれが問われている時代に入ってい

ると思います。我が社もまだまだですがそうありたいと思います。

皆さま本日も激熱でいきましょう♪

 

キャリアを活かす!地域一番コンサルタントの成長戦略

いよいよ見本ができてきました。うれしいです。今回も

一筋縄ではいきませんでした。この1カ月同文館出版の戸井田さん

と連日やりとりして3月12日に最終の原稿が確定しました。

2月18日に初稿を受け取ってから記憶にないぐらい直しをいれて

ブラッシュアップを繰り返し今日の日を迎えました。

前作にカバーデザインも合わせていただき統一感がありうれしいです。

本当に毎回命を削って出すという言葉の重みを実感する瞬間です。

同文館出版さんがいろいろと営業でも力を入れてくれていて、丸の内

丸善や東京の主要の書店やJRや空港で力をいれて展開していただける

ことになっています。

是非、見かけた方はお手に取っていただければ幸いです。

一人でも多くの地域コンサルを目指す方、さらに成長を目指す方に

読んでいただきたい1冊です。

皆さん本日も激熱でいきましょう♪

第10期経営計画策定

我が社の決算は3月です。毎年この時期は一年を振り返るのと次の5年を見据えて

経営計画を作成します。

一人の時から経営計画を作成していたこともありこれがないと年度を越した気が

しないというのが実感です。ただ、今現在スタッフ13名になった理由もこの計画

の中に全てが記載されています。毎年全社員と共有してながら事業を進めています。

経営計画がない会社は方向舵のない飛行機に乗っているようなもの。飛行機はあれだ

けの人が介在して落ちないような仕組みを構築しています。落ちない努力をしている

から安全に目的地まで到達するのです。しかし、多くの企業は経営計画すらない状況

で社員を載せて運航しています。つまり、経営計画のない会社で働くことは方向舵の

ない飛行機に載っているようなものなです。

これまでは、何とか飛んでくることもできましたがこれから計画なしで会社を運営し

ていくことは難しいでしょう。

是非皆様も経営計画を策定して全社員で共有することをお勧めいたします。

来年からという経営者は多いですが、今から始めることが何よりも重要です。

皆さん本日も激熱でいきましょう♪

新オフィス?

スタッフが増えて、既存の事務所スペースだけでは手狭になり

新しいオフィスを隣に借りました。こちらはワンルームです。

たまたま隣が開いていたのでミーティングや休憩室などに最初は

使っていければよいですね。

日当たりが良く、温かいので食堂にしてもいいと思いました。

写真は新井さんが手作りでテーブルを創ってくれました。

部材は建材を扱うお客様から提供いただきました。

是非、遊びにきてください。

皆さん本日も激熱でいきましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

出前館で本格カレーを頼んでみました

キャッシュレス出前を体験するために出前館で本格インドカレーを

頼んでみました。

アマゾンペイで払えるのね。とても便利。時間は50分ぐらいかかるらしい。

宇都宮だとまだまだ登録している飲食店が少ないですね。そばとか鮨とか

増えて欲しいな。

そうこうしているうちに54分ぐらい経過後に・・・

 

かなり本格ではないですか。現金のやり取りしなくていいのはすばらしい。

これのレパートリーが増えたら本当に使いまくってしまうでしょうね。

便利って恐ろしいですね。日本でもデジタル化の波がすぐにそこまで来ています。

皆さん本日も激熱でいきましょう♪

新刊:地域で必要とされる人材になる!地域一番コンサルタントの成長戦略

いよいよここから詰将棋です。一指し、一指しが勝負です。

3月出版予定とのことですので気合を入れてより良いものにしていきます。

2冊目となる今回の新刊は「地域で必要とされる人材になる!地域一番コンサルタント

の成長戦略」(仮)というタイトルで地域でコンサルタントを志向する方やさらに

成長させていきたい方向けの内容になっています。前作から格段にパワーアップした

サクシードやお客様との日々のやり取りなど目白押しの内容になっています。

是非、皆さま楽しみにしていただければ幸いです。

さて、今週は明日が夜からM&AセミナーでMAの第一人者である日本M&Aアドバイザ

リー協会の大原先生にお越しいただきます。60名近い方の申し込みをいただいており

関心の表れが伺えます。週末からは中国上海へ飛びます。無人スーパーなどデジタル

革命最前線としてキャッシュレスやアフターデジタルの世界を見てきます。

必ず日本もそうなっていきます。

皆さん今週も激熱で行きましょう♪

 

2月も中盤です

2019年も速いものでもう2月中盤です。

光陰矢の如し とは本当に通関いたします。

昨週は週明けから新規のお客様相談や今後の方向性を決める相談事などが相次ぎまし

た。弊社のお客様は事業意欲旺盛な方が多いので日々新たな取り組みや業界に先駆け

てといったお話が入ってきます。恐らく栃木県内における新規事業や新規投資の話は

どの業界でも弊社のお客様がキャッチすると弊社に入ってきますので地域の金融機関

よりも早く情報にアクセスできるようになってきたかなと言うところです。

資金調達も絡みますので多くのお客様はメイン銀行に相談するよりも弊社に相談いた

だくことになります。コンサルティング事業は情報が命です。特に地域特化型で活動

している弊社にとっては大きな見えない経営資源になっています。

今年に入ってIT関連、デジタル関連の相談が急増しています。ますます地域の皆様に

必要とされる会社になれるように研鑽を積んでいるところです。

今週の予定は 火曜日がとちぎ経営人財塾 でさくら住宅の二宮社長をお迎えします

水曜日は 鹿沼方面に出かけます。木曜日は県北那須です。金曜日は益子、真岡方面

です。毎月この週はお客様対応が多いので栃木中心に活動しております。何とか風邪

を引かずにこの冬を乗り切りたいと思っております。

皆さん今週も激熱でいきましょう♪

ファクトリエ

1月25日金曜日の神田経営者クラブにてファクトリエの小林さんを

講師としてお迎えしました。

ファクトリエは全国の縫製工場と連携して日本製の洋服を企画

製造する会社です。大量生産、価格破壊、大量廃棄を是とする

アパレル業界のあり方に一石を投じるために設立された会社です。

工場直販のため高い品質の製品を通常の2分の1の価格で消費者に

提供することが可能です。

さらに、すごいのは通常のアパレル業界の流通の仕組みとちがって

工場の職人の方々の取り分が多くなるように価格設定している

ところです。

そのため、通常のSPA会社のようにファクトリエだけが大きく

儲ける構図にはなっていません。

https://factelier.com/aboutus/

そのため、大手ブランドを敵にまわしにらまれたことも多かった

らしいです。それでも、このままでは日本製の服がきれなくなって

しまうと信念を貫いて、提携工場を増やし、顧客の信頼を勝ち取って

きました。キーワードは「熱狂」です。お客様と熱狂できるぐらいの

関係性を作り出し、製品を世に送り出す。これをスタッフ皆と共有して

日々業務にあたっています。

              創業メンバーの小林さん

福岡を拠点にするボーダレスジャパンもファクトリエ(熊本)さんと同じ九州の

企業です。地方から社会課題を解決する新産業がこれからも数多く出てくる

予感がいたします。皆さん本日も激熱でいきましょう♪

真の地方創生①~過ぎたる及ばざるがごとし~

アベノミクスが始まって地方創生の名のもとに異次元の

地域や地方への支援施策が展開されています。

しかし、多くの取組を見ていると真に地域のためになって

いるとはいいがたい取組がほとんどで。

5年後、10年後その事業が地域のためになっているとは言えない

モノが多いです。

最近では他の地域の成功事例をいかにまねるか、その事例を

作った人を呼んできて自分の地域でも同じものをつくろう

との取り組みがほとんど。その過程で地域でこつこつやって

いる人は施策の名のもとにかき消されていきます。

アベノミクス以前は震災直後でしたが予算はないけど自分で

何かできることをと言って小さいながらも特色あることを

やっていた人が多かったような気がします。

創業、アグリ、観光と様々な分野で異次元の公的支援が

行われていますが、そろそろやめた方がいい。

過ぎたるは及ばざるがごとし!

このままではどの分野も支援や補助金がなければやって

いけない会社になってしまします。

節操がないのは地域の中堅、中核企業までが官よりの取組

に積極的になり支援の名のもとに自社の維持、存続を図っている

ことです。これでは、ますます地域は変わらず衰退していくこと

になります。

真の地方創生とは何か 数回に分けて述べていきたいと思います。

皆さん本日も激熱でいきましょう♪

 

 

脱稿!

昨年2月に同文館出版さんの企画会議に通って、3月から執筆を始めました

次作「地域一番コンサルタントの成長戦略」をついに脱稿しました。

年末年始は最後の詰めでどこにも出かけませんでした。

現在スタッフ12名体制になっておりますが、そのプロセスを余すところなく

書き綴っております。

地域企業のや取り巻く環境の未来像や今後コンサルタントが必要とされる分野

など地域コンサルタントがますます必要となる時代にふさわしい内容になっています。

今後の展開も合わせて描いております。これから担当の戸井田さんと詰め

詰めの作業を行っていくことになります。

春までには全国の書店に並ぶと思いますので是非お買い求めください。

皆さん本日も激熱でいきましょう♪