琉球補聴器視察

人を大切にする経営学会 沖縄支部 設立記念講演会のため11月に引き続き

沖縄に行ってまいりました。

講演会の前に 今年度の日本でいちばん大切にしたい会社大賞 受賞企業の

琉球補聴器さんに坂本先生をはじめ豪華メンバーで訪問してきました。

琉球補聴器は沖縄を中心に店舗展開している補聴器専門の販売店です。

リピート率90%、地域シェア70%と地域に根差した取り組みを行っている

優良企業です。特質すべき点は

・顧客対応・・・補聴器を聴覚レベルと合わせるフィッティングという技術

にたけております。そのため、買っても使えないということが無く、何かあると

お客さんが足を運んできます。そのたび、ずれを合わせていくことで購入後の

アフターフォローも万全です。

・朝礼・・・クレドなどの読み合わせを行うとともに皆のモチベーションや

健康状態をともにシェアいたします。沖縄教育出版さんの取組をまねて始めた

そうです。

・夢達成会議・・経常利益1000万円ごとに社員1名の夢を達成させる会議です。

毎年、家族と旅行にいきたい、長年の夢の○○をかなえたいといった夢を叶え

ています。社員の総合評価で決めるという点がすばらしいです。

今回は時に先代から事業を引き継いでからの葛藤や取り組みを森山社長からお話しい

ただきました。長年ともに歩んできた幹部社員が辞めたり、社員に慕われる先代との

ギャップに悩む日々など創造しなかった苦しい出来事もお聞きできました。早速弊社

でも取り組める事例が数多くありました。経営情報や改善状況など誰でも見れるとこ

ろに掲載してあります。

学ぶべき点

・今回印象に残った点は、「経営計画策定会議を全社員で行っているときに

社長に対する本音を聞いて驚愕し、それから社員のために制度や取り組みを

数多くはじめた。その後これまで超えられなかった売上高や利益率の伸びを

達成することができた」とのコメントでした。やはり社員のモチベーション

満足度を上げていく仕組みが何よりも重要なのだと思います。

同時に他には負けない、ないサービスを展開している点も学ばなければならない

ですね。競合はとの質問には「あまりありません」と意識していない様子。

これは他の先進事例企業でも共通している点です。自分自身が誰のために

何のためにということが大切ですね。

今回はかなり豪華なメンバーでの視察となりました。

森山社長ありがとうございました。またいつの日か訪れたい企業です。

 

 

銀行の未来

AI、フィンテック、ビットコインと金融を取り巻く環境は大きく変わろうとしている

る。そんな中 銀行の将来を不安に思う銀行員が増えている。銀行出身の私のところ

にも30ぐらいの銀行員の方から多くの相談が寄せられる。

「コンサルタントになりたいと思います」「先がないのでもうやめようと思います」

「このまま上司の言いなりでやっていくことが不安です」

悲痛な叫びである。

極めつけは弊社のお客様に「常務に合ったら、現場は疲弊していると伝えてくださ

い」と数代前の支店長で今もその社長と懇意にしていることと知っていて社長から

戒めてくださいとのことです。

こうなると組織は機能しなくなってくる。事実銀行のサービス、現場の職員の質は

年々下がっているようにも見受けられる。

そりゃそうです。銀行員になる人間はまじめで正義感が強いから、数字のため、

上司のためという理屈で仕事をしたくないという人間が多いです。

AI、フィンテック、0金利、地方の衰退と銀行がだめな理由はいろいろ挙げられるが

結局はトップに経営能力がないからこうなっているとつくづく感じます。

「金利が下がった分の収益を何で賄うか」

では「投資信託、M&Aの手数料でノルマを課す」。こんな経営ならだれでもできる

というものです。本来ならば今こそ、横並びからオンリーワンの銀行に、どこもやっ

ていない商品やサービスを作り出すことに力を注ぐべき。お客様と一緒になって知恵

を絞るべきですが、経営陣は自分の保身ばかりでどの金融機関も変われないのでしょ

う。そんな企業に未来はありません。

真に顧客から必要とされるサービスをどう構築するか。経営陣がまず最初にあり方

を知ることが必要です。でないと銀行に未来はありません。

 

 

水沼さんならどうしますか?

最近よくお客様から聞かれるようになった質問です。

コンサルタントとして独立した当初は、知識や専門分野についての

質問がほとんどでした。

8年が過ぎて実績もついてきまして、会社も社員9名になりました。

経営者としての判断を相談されるようになったということかな

と自分なりに理解をしております。

自分は常に熱いですが、冷静に物事を考えて決めるようにして

います。自社の経営に関してはかなり慎重、保守的だとも思います。

お客様にも保守的なコンサルタントと見られているからかなとも

思いますが、地域でコンサルタントをやっているとお客様の家族や

社員さんの顔も見えてきます。アドバイスも当然その方たちの立場も

組んでする必要があります。

したがって、経営者をノリで事業に取り組ませるようなアドバイスは

絶対にしてはいけないと常々思っております。

だから私のコンサルティングを受けているとつまらないかもしれません

でもそれがいいと言ってくれるお客様が多いのでこれからもこの保守的

と言われるスタンスを貫いていきます。笑

第二地方銀行協会でお話しさせていただきました

元銀行員としては金融機関の皆様にお話しさせていただく機会を頂く事は

とても嬉しいことです。最近、金融機関を取り巻く環境も大きく変わって

きており、若手の行員研修、勉強会、役員勉強会などでお話をさせていただく

機会が多くなりました。

今回は私がお世話になりました栃木銀行さんが加盟する第二地方銀行協会

本部で定例で行われている在京41行の東京事務所長の皆様にアナウンスする

勉強会でした。

昨年、人を大切にする経営学会のご縁で役職員の皆様と意見交換をするように

なりましてその流れでご依頼いただきました。

「地域企業のあるべき姿」と大それたテーマでお話しさせていただきましたが

日々実践していることや、銀行員の皆様と同行訪問させていただく中で感じて

いることを包み隠さずお話しいたしました。

常務、取締役の方もいらっしゃいましたので耳のいたい話もあったことだと

思います。ただ、業界が良くならんがためとお話しさせていただいております。

だいたい半分ぐらいの皆様には何か持ち帰っていただけるのではないかと手ごたえ

も感じました。地域では銀行員の担当者がコンサルティング能力を発揮しなければ

中小企業の疲弊は進むばかりです。現場で頑張っている彼ら、彼女たちが報われる

業界にしていくことが何よりも大切なことだと思います。

今回のセミナールームには一度来たことがありまして、

10年前に法人営業研修で同じ部屋で研修を受けておりました。まさか、

講師として再び訪れることになるとは思ってもみませんでした。

人生何が起こるかわかりませんね。

皆さん月末も激熱でいきましょう♪

最後の坂本ゼミ

本日は坂本光司先生が3月で退官されるため最後のゼミとなりました。

9年前法政大学イノベーションマネジメント研究科で先生と出会いそれからの

人生は大きく変わりました。今、サクシードが9名にまでスタッフが増え、

幸せを軸とした会社づくりを行えていることも先生との出会いが大きかった

ように思います。8000社以上を訪問されつぶさに現実、現場を見てこられた

先生から私もコンサルティングスタイルも形作られていったように思います。

銀行員の時だけの知識で独立していたら本当に薄ぺっらい偽物のコンサルタント、

経営者になっていたかと思います。

ゼミで出会った大切な仲間も私の人生の大きな財産となりました。一緒に視察、執筆

発表した経験は何事にも代えがたいです。

まだまだ坂本先生はゆっくりできる状況ではなく、4月以降も学会運営、

大学院開設構想、執筆、海外への啓蒙など多くの活動が目白押しです。

少しでもその力になれるよう私自身もからに自分を成長させて生きて

参ります。

本当に坂本先生ありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いいたします。

感動と涙の連続の熱い一日でした。

信頼を積み上げる!

2018年のサクシードテーマは

               「信頼」

です。

年初の全体会議で毎年シェア、それぞれの抱負を述べていきます。

 

  • 社員とその家族における信頼

・社員同士の信頼、意思の疎通、なんでも言い合える風土

・それぞれの社員とその家族から信頼しあえる社員、会社づくり

・家族から30年後も成長し続けると信頼を寄せられる会社に

  • お客様からの信頼

・喜びも、悲しみも、苦しみも共に味合うことで培われる信頼

・圧倒的高度なサービス、専門知識や提供する情報量から得られる信頼

・先義後利を旨としお客様の成果に貢献し続けることができる関係性

  • 信頼をベースにした商品・サービス企画、開発、提供

・お客様に真に必要とされる商品・サービスの企画、開発

・業界の都合や自分たちの名声のためでない商品・サービスづくり

・お互いの成長や幸せを基本に置いた、相互利益享受型の商品・サービス

・お客様と共に感動できる商品・サービス

  • 自分自身への信頼

・おてんとうさまは見ている、仲間に対して、お客様に対して、地域社会に対して

・高い目標設定を掲げ、行動し自己肯定感の醸成する

・一日一日の積み重ね、毎日、毎月、毎年の年輪成長

  • 地域社会から信頼される会社へ

・地域になくてはならない企業としての信頼

・地域に、社会に信頼の輪を広げる役割を担う

・地域経済を、信頼をベースにマネタイズする

などを踏まえて何事にも取り組んでいきたいと思っております。

毎年やっておりますが皆熱心に取り組んでくれるのでそのような結果を

得られています。

信頼をベースに社員とその家族の幸せを達成して参ります。

スタッフもますます増えるのでより深く、本質論で前に進んで

参ります。

皆さん本日も激熱でいきましょう♪

恒例の初詣

サクシード恒例の大前神社への初もうでにスタッフ皆で行ってまいりました。

最初は地元だからという理由で祈祷をいただいておりましたが、

家族で来てくれるスタッフもいて毎年楽しみです。

             新井さんはベビーと参加

今年はサクシードはおかげさまで9期目を迎えることができます。

業績や売上は一切祈願せず、社員とその家族の健康と幸せをお願い

した次第です。

柳田権禰宜は高校時代のクラスメイト、毎年祈祷していただいております。

何とかやれているのも彼のおかげかもしれません。

2018年もいよいよスタートです。皆さん激熱でいきましょう♪

本年もどうぞよろしくお願いいたします

皆さんあけましておめでとうございます。元旦から初日の出を拝みながら

走り込んで参りました。

皆さんは2018年をどのような年にしていく予定でしょうか。

弊社では昨年以降商品、サービスづくりと強化を図って参りました。

事業承継のお問い合わせも増え続けております。ますます2018年は

皆様方からのご相談、ご依頼が増えると確信しております。

仲間もさらに入社希望者も定期的にいらっしゃり数名は増員する予定です。

栃木県で生まれたサクシードという会社を少しづつ、無理がないように

広げていく年にしたいと思います。

「感動と幸せを創造し、次世代によりよい社会を引き継ぐ」とに理念

達成のためすスタッフ一同全力で地域企業の発展に尽くしていきたい

と考えております。熱い、熱い一年に必ずやして参ります!

 

2017年 サクシード忘年会

2017年も残すところあとわずかです。

今年はアシスタント職として佐々木さん、増崎さん

が入社してますますサービスに厚みがました年になりました。

コンサルチームのそれぞれが大に小に彼女たちの力を借りて

サービス提供を行えるようになりました。

今年の忘年会は昨年私の胃腸炎で取りやめになってしまった存じやすさん

で彼女たちの歓迎会もかねて執り行うことができました。

本来ならばもっと早くにこのような機会を設けたかったのですが、

皆それぞれが日々前に前にとお客様に尽くしているためなかなか時間が

合わず忘年会を兼ねてということになりました。

存じやすさんは宇都宮市で80年の歴史を誇るステーキレストランです。

食通で有名な池波正太郎もわざわざ来店したほど。

さすがにステーキは圧巻でした。宇都宮ではステーキソースが宮のたれとして

有名ですが、本家本元はこちらの店舗で開発されたたれなのです。

ガーリックライスも最高ですね!

これで心置きなく2018年も激熱で行けそうです。スタッフも増えて、

社員とその家族も年々増えています。その幸せを実現するために来年

も前に前にと進んで参りますよ~。

皆さん本年も激熱でお世話になりました。

 

時流より、時中・安民富国

12月16日の坂本光司研究室では、法政大学にて大同生命寄付講座と

タイアップのイベントとなりました。

「人が活き活き働く経営の真髄」をテーマに

法政大学 坂本光司先生

伊那食品工業 井上修社長

税理士法人報徳事務所 赤岩 茂先生

の3講師によるリレー講義でした。

 

伊那食品工業さんには毎年 とちぎ経営人財塾にてご訪問させていただいて

おりましたが井上社長のお話をお聞きするのは初めてでした。

・創業からの歴史

・社長になってからの取組

・社員との関わり方

・有名な朝の掃除の捉え方

・社員に対する思い

それぞれが新しい視点から伊那食品工業さんを知ることのできる

素晴らしい内容でした。井上社長の個性もとても親しみやすく、

会社のファンになってしまうような魅力を持たれた方です。

末長くお付き合いをさせていただければと思いました。

税理士法人報徳事務所の赤岩先生は財務的なアプローチよりもまず

経営者の考え方、在り方が何よりも重要とのお話から

・財務指標からの気づき

・経営における見えざる資産

・易経から経営をとらえる

・二宮尊徳の経営財的なとらえ方

をお話しいただきました。

すべて、目からうろこのお話しでした。

易経から時流で急拡大を追うのではなく、時中をとらえて本質で

生きる。富国安民ではなく、安民富国である。

中でも二宮尊徳は私の住まいの栃木県真岡市

に最もゆかりのある方です。小学校は皆習います。

しかし、その考え方や取り組みは今の時代に最も

必要とされている考え方であると再認識した次第です。

今後のライフワークに二宮尊徳の歴史的価値を調査、分析

してみたいと心を新たいたしました。